水俣病多発の10年間、水俣市で574人出生できず 専門家推計 1955年以降、水銀被害で死産、流産か 「偶然では説明つかない」

Published by
熊本日日新聞

水俣病が公式確認される前年の1955年から10年間、水俣市の出生率が県平均と比べて大きく低下し、57…

もっと読む