水俣病公式確認から66年 「取り残されている人がいるなら早く救済を」 患者認定に奔走した亡き夫しのび、妻が慰霊式で祈り

Published by
南日本新聞

水俣病の公式確認から66年たって被害者の高齢化が進む中、今なお多くの人が救済を求めている。熊本県水俣…

もっと読む