鎮魂の心、昔も今も

Published by
長崎新聞

列車に姉と弟、それに家庭教師という青年が乗り込んできた。六つほどの弟ははだしで、髪を濡らし、がたがた…

もっと読む